【都内で里山体験】名物は“牛の朴葉焼き”!「うかい竹亭」で旅行気分に浸る

美味しい時間を有意義にするため、最適なレストラン選びをお手伝いする【NAVY グルメコンシェルジュ】。旅行に行かずとも里山情緒が味わえる高尾山の料亭をご紹介。夫婦デートはもちろん、なかなか旅に行けない親を誘い出したり、家族のお祝い会や贅沢女子会にでも!色々なシチュエーションに使えます。

Request:

旅行に行く時間が取れないのですが
リフレッシュしたいです!
東京近郊で逃避行できる場所はありますか?

日帰りで里山情緒が味わえる懐石料理店は
親にも喜ばれるとっておきの場所です

『うかい竹亭』

ちょっと日常を離れて旅気分を味わいたい!という方にぜひおすすめしたいのが、高尾山口にあるこちらの懐石料理店。清流が流れる里山に福井県から移築した宿坊と数寄屋造りのお部屋が点在した村落に到着すれば、誰もが「ここは本当に東京?」と思うはずです。

広大な日本庭園の中には大小17のお部屋が点在し、どの客室からも美しい景観を眺めながら季節折々の食材を使った上品な懐石料理がいただけます。中でも看板メニューが「朴葉焼き」です。飛騨高山の郷土料理である朴葉みそにお肉を絡めて食べる一品で、香ばしい味噌と朴葉の香りがたまりません!ぜひ、この料理が入ったコースを選んでみてください。

個室スタイルなので、なかなか旅行に行けない家族を誘い出して3世代で贅沢な時間を過ごすのもいいかと思います。小さいお子さんがいても、思いっきりお喋りして大笑いしても大丈夫!家族のお祝いごとはいつもこちらで……そんな常連さんも多いようです。そして、高尾山に立ち寄ればより気分も爽快になり、思い出に残る1日になることでしょう。

うかい竹亭
うかい竹亭
うかい竹亭
うかい竹亭
うかい竹亭

❶「季節の盛り合わせ 」初夏のお野菜や魚貝類を色鮮やかに盛り込んだお料理を、色合いや季節に合わせてセレクトしたこだわりの器に盛り付け。

❷「新じゅんさい」青森県野辺地産のじゅんさいを加減酢で和えた一品。爽やかな旨味とつるんとした食感がたまりません。

❸「鮎塩焼き」初夏から初秋にかけては、若鮎の「鮎塩焼き」がおすすめ。香り高い塩焼き鮎は、頭からしっぽまでまるごと美味しくいただけます。

❹「うかい特選牛朴葉焼」厳選した牛肉とたっぷりの葱を特製の朴葉みそに絡めていただく、うかい竹亭の名物料理。

❺竹林に囲まれた広大な敷地に点在するどの客室からも、季節に表情の変わる庭園が望められます。

※料理は6月のコース料理の中の一品です。※季節により料理内容が異なります。

うかい竹亭

うかい竹亭外観

東京都八王子市南浅川町2850
☎︎ 042-661-8419

【休日】月曜日(時期によって変動あり)、年末年始、冬期休業日

【営業時間】平日 11:30~21:30(19:00 L.O.)、土・日・祝 11:00~21:00(19:00 L.O.)

【価格帯】¥7,200〜

https://www.ukai.co.jp/chikutei/

Profile

杉山絵美さん

STEP.inc 代表取締役社長、料理研究家、ライフスタイルナビゲーター/芸術家の家系に生まれる。慶應義塾大学文学部卒業後にイギリス留学を経て、クリスチャン・ディオールに広報として勤務。2005年に独立し、ラグジュアリーブランドを扱うPR エージェンシー STEP.incを設立。ファッション、アート、グルメ、旅、ライフスタイルのPRを手がける。また、料理好きが高じて、世界中を食べ歩いて研究したレシピをもとに料理教室を開催。ファッション誌やグルメサイトなどで料理家としても活躍中。2020年、フードロス問題に取り組んでいく新会社FOOD LOSS BANKを日本ガストロノミー学会会長とともに設立。

監修/杉山絵美 取材・文/星子莉奈